昨朝のラジオから、ボブ・ディランの『ライク・ア・ローリングストーン』が流れてきました。最後までのこの曲は新鮮で、歌詞の意味は分かるようで正直いつまでも分からずじまい。

Like a Rolling Stone

Like a Rolling Stone

  • ボブ・ディラン
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

でも青春の道中にいるような気持ちにさせてくれます。

追憶のハイウェイ61

追憶のハイウェイ61

  • アーティスト: ボブ・ディラン
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2005/08/24
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (54件) を見る

というのも伊坂幸太郎さんの『鴨とアヒルとコインロッカー』にディランが思い出の曲として登場してくれたおかげで。青春時代になんとなくアルバムを聞き続けてました。

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

  • 作者: 伊坂幸太郎
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: 文庫
  • 購入: 25人 クリック: 310回
  • この商品を含むブログ (659件) を見る

何年も前には来日ライブに行ったっけ。寒い雨の夜が懐かしい。前奏からそんな感傷にひたっていたらこんな歌も頭のなかに流れ出してきました。

スペース ~拝啓、ジェリー・ガルシア~

スペース ~拝啓、ジェリー・ガルシア~

  • YO-KING
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

YO - KING 『拝啓、ジェリーガルシア』の一節。

その振り幅こそが大切で ジェリーガルシアはスペースと呼んだ
楽しい方を選びながら 僕らはどこまで幸せになれる

後者の歌詞がぐさりと胸に突き刺さりました。この歌も本当の意味に気づくまで何度も聞くのかもしれません。