EXVSFBたのしい!ということでEXVSFBについて書いていくよー人によるけど・・・クアンタは個人的に前作から弱体化してる気がするんだよね・・・まぁバリアが格闘防げないあたりきつい・・・それとイフリート改強すぎぃ!なんだあの格闘の威力・・・もはや10コスではないねwここからいろいろな機体について書いていこうとおもうよ!

  • 百式
コスト2000でありながら、メガ・バズーカ・ランチャー(通称:なんとしても砲)という超火力兵器を所持する超絶機体。メインのビームライフルもカートリッジ式なので弾数は無限に等しく、単発ダウンのCSもある。足回りも2000上位であり、ドダイという高速移動兵器を持つ。格闘性能も最強判定の前格、なんかよく分かんないけど強い特格、イケメンな横格と豪華である。そして最後には「まだだ、まだ終わらんよ!」の復活。耐久540だが、この復活を合わせるとなんと640!これは超絶機体と認めざるを得ない。
  • キュベレイMK-2
1000コストにしてファンネルを持つ超絶機体。ブースト性能は1000相応だが、慣性の乗りが良いので機動力は1000上位である。そしてこの機体の目玉武装、ファンネルモード。一定時間大量のファンネルを飛ばし、敵を包囲した後に蜂の巣にするというアルティメット奥義。本当に恐ろしいのはこのファンネルモード、自分の意思ではなく、ファンネルが独自に動いていることだ。自分の意識とは別に、ファンネル達は敵を無残にもミンチへと変えてゆく光景は恐ろし過ぎてその日の晩御飯が喉を通らなくなる程。あと、なんといってもパイロットが可愛いという点も忘れてはならない。
  • プロヴィデンスガンダム
これまた2000コストにしてドラグーンというコスト不相応の狂武装を持つ超絶機体。なんと、サブ、特格、特射と、格闘以外は全てドラグーンによる攻撃ということで、この機体を使うにはまず、ドラグーンとの友情、信頼が不可欠だ。その為にもまず、ドラグーンのことをよく知ることから始めよう。ドラグーンの誕生日、好きなもの、お風呂に入ったらまずどこから洗うか、納豆は何をトッピングして食べるか、アイマスで好きなキャラは誰か、などなど。こういった些細なことから知っていくことは友好、信頼を深める為にはとて大切なのだ。うむ。さて、このプロヴィデンスガンダム。主にどこが超絶なのかをポイントに分けて紹介しよう。まず、知ってほしいのはこの機体はストライクフリーダムガンダムのコスト2000版であるということ。そう、アニメ「ガンダムSEED」の最終決戦でキラとクルーゼが対峙した時、キラはプロヴィデンスガンダムこそ真のガンダムと気づき、ストフリを開発する時に敬意の証とし、プロヴィデンスの面影を残すよう技術班に頼んだのだろう。たぶん。なので、非情に似通っている部分が多い。まずはCS。緑色の単発ダウン属性の太いビームを高速で発射する。コスト2000にしては少しやり過ぎと一部で騒がれている武装。次にサブ。ストフリの一斉発射しか無いのとは違い、こちらは任意の方向に飛ばすことも出来る。この点をストフリよりも性能が上か下かどう捉えるか議論すると死人が出る。次に特射。レバーNとレバー入れで性能が変化する。レバーNでストフリと同様、自機の周りにドラグーンを展開する。メインを撃つと連動し、次々と発射する。そしてレバー入れでドラグーン一声発射。こちらもストフリと同様、全てのドラグーンを敵へ放ち蜂の巣にする。以上でドラグーンの紹介は終わりだ。この長文を見て、プロヴィデンスガンダムがドラグーン機体と言われると、実はそうでもない。なんと、格闘性能も上位クラスなのだ。最強にして最高の前格(通称:埼玉キック)、なんか判定強いN格、差し込み安い横格、単発打ち上げのBD格。射撃も格闘も優秀であるこの機体こそ、人類を裁くガンダムであることは間違いないだろう。顔が面白い。←重要


  • ヅダ
言わずと知れたデュバル少佐の愛機、ヅダ。1000コストながらも通常時で300以上のダメージを叩きだす超絶火力機体。まずメインのマシンガン。世俗では「バラける、当たらない」などと抜かすバカどもがいろいろとほざいている。しかし、このマシンガンの真の強みは手動でリロード出来ることである。なので実質無限に撃ち放題ということなのだ。当たらない点は敵の至近距離で撃てば問題ない。そして最強の武装、135mm対艦ライフル(通称:デュバルランチャー)単発120という1000コストでこの火力。3発しか無いが、格CSを上手くセカインで使えば実質8発である。さらに、通常時にサブを撃ち切り、格CSをし、格CS中にサブを撃ち切った後に覚醒をすればなんと13発連続で撃てるのだ。単発120が13発絶え間無く飛んでくるのは相手にとって生き地獄であろう。(さらにこの時、相方もヅダの場合・・・・もはや言葉にするのも恐ろしい)そして特格。ワタシノシ・ジニシタガ・イタマエ。合計5機のヅダの特攻である。一応それぞれに名前があるので紹介しておこう。一番機、ジョセフィーヌ二番機、キサラギ三番機、アナベルジュニア四番機、ジョン・リュック・デュバル五番機、タナカ
彼らの命を懸けた特攻は涙無しには見れない。確かに、彼らを死なせたくなく、使いたくない気持ちは分かる。だが、果たしてそれは彼らにとって本当に望んでいたことなのだろうか?答えは筆者にも分からない。ただ言えるのは、朝バナナダイエットはあまり成功しないということ。
最後に、最終必殺技「自爆」敵機に直撃すれば最高350ダメージを叩きだす、超絶奥義。デュバルの命を懸けた特攻はまどか☆マギカより感動する。うんこの機体すごいなー。
今回はこのへんにしよう・・・w

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • EXVSFBってたのしいよね!第2弾